生活の知恵どっとこむ

快適な寝具の選択方法とおすすめ商品を紹介

time 2024/07/07

快適な寝具の選択方法とおすすめ商品を紹介

快適な寝具を選ぶ際のポイントをいくつか挙げます。

お好みの素材、形、大きさなどが既に決まっている方は、その条件に合ったものを選んでください。

 

マットレスの選び方

背骨の自然な曲線をサポートすることが重要です。硬すぎず、柔らかすぎない適度なサポート力を持つマットレスを選びましょう。

自分の寝姿勢に合った適切な硬さを選ぶことが大切です。寝る側の姿勢に合わせて硬さを選びましょう。

そして、当然ですが、サイズも重要です。シングル、セミダブル、ダブル、クイーン、キングなど、ベッドフレームに合わせたサイズを選びましょう。

とにかく良いマットレスなら以下がオススメです。

■ シモンズ ビューティーレスト

■ シーリー

■テンピュール

それ以外の選択肢として、今あるマットレスの上に敷くことができる商品もオススメです。

有名なものとして、フィギュアスケートの浅田真央 元選手がCMしている【airweave(エアウィーヴ)】がありますよね。

 

枕の選び方

頭と首の自然な曲線を維持する枕を選びます。枕の高さも重要です。

寝る姿勢に合った適切な高さの枕を選びましょう。

あまり高いと脳卒中になるリスクが高くなるという研究結果もあります。

⇒ 枕が高いと脳卒中リスク、首に負担 国循センターが発見

 

おすすめは真ん中が低くなったものです。

仰向けのときは真ん中に頭を置き、横向きに寝るときは肩が下になりますので、枕の両端の少し高くなった部分に側頭部を置くという感じにします。

 

 

 

布団や掛け布団の選び方

季節や個人の寒さ対策に応じて、適切な暖かさのものを選びます。

綿、羊毛、ダウンなどの素材の特性や快適性を比較し、自分に合ったものを選びます。

 

■ お手頃な羽毛の掛布団

 

■ 夏用の洗える掛布団、3枚目無料ならこちら

 

寝具の素材とアレルギー対策

綿やリネンなどの通気性が良く、肌触りの良い素材を選ぶと快適です。

寝具の肌触りと通気性を考慮し、自分の好みや季節に合った素材を選びます。

アレルギーがある場合は、ハウスダストやダニを対策できる素材や仕様の寝具を選ぶことが重要です。

  • オーガニックコットン:
    • 化学的に処理されていない純粋なオーガニックコットンは、通気性が良く肌触りが柔らかです。アレルギー反応を引き起こしにくい性質があります。
  • バンブーレーヨン:
    • バンブーレーヨンは天然の抗菌性を持ち、湿気をよく吸収してくれるため快適な睡眠環境を提供します。また、肌触りが柔らかで、アレルギー反応が少ない素材です。
  • シルク:
    • シルクは自然な抗菌性を持ち、またダニが繁殖しにくい特性があります。肌触りが非常に滑らかで、敏感な肌にも優しい素材ですが、価格が高めです。
  • ハイポアレルゲニック羊毛:
    • 特にアレルギー反応が心配な方には、ハイポアレルゲニック処理された羊毛の寝具が適しています。羊毛は自然の抗菌性を持ち、湿気を調整してくれるため、快適な睡眠環境を提供します。
  • ハイポアレルゲニックの合成素材:
    • 最近の技術の進歩により、合成素材でもハイポアレルゲニックな寝具が開発されています。ポリエステルやマイクロファイバーなど、肌触りが良く、抗菌性や抗アレルギー性能があるものを選ぶことができます。

 

ハイポアレルゲニックとは、アレルギー反応を引き起こしにくい、またはそれに対するリスクが低いとされる製品や素材を指します。ただし、製品がハイポアレルゲニックであることを保証するための明確な規格や基準は存在しません。

 

■ 手頃な価格のオーガニックコットンのシーツ

 

■ シルクシーツのオススメ

 

温度調整

自分が快適に眠れる温度を保つ寝具を選びましょう。

夏場は通気性の良い素材、冬場は保温性のある素材がおすすめです。

スポンサーリンク

 

価格と耐久性

高品質な寝具は長期間快適な睡眠を提供しますが、予算に合わせた選択も重要です。

 

最期は個々の好み

最終的に、個々の快適さと好みを重視して選ぶことが大切です。試し寝することで、自分に合った寝具を見つけることができます。

これらのポイントを考慮しながら、自分に最適な快適な寝具を選んでくださいね。

 

関連記事

睡眠の質を高めるコツを紹介 健康的な睡眠習慣をもとう

 

睡眠の質を記録する方法、質を高めるにはまず記録、分析

sponsored link

down

コメントする




健康管理・体のこと

食事・栄養管理

美容・スキンケア

ライフハック