生活の知恵どっとこむ

ホワイトチアシードのダイエット効果とは?

time 2015/12/12

ホワイトチアシードのダイエット効果とは?

 

健康美容に万能のスーパーフード、チアシード

 

実はホワイトチアシードブラックチアシードがあるのって知っていましたか?

 

ホワイトチアシードとブラックチアシード

一般的にチアシードと言われているものはブラックチアシードの場合が大半です。

 

ではホワイトチアシードとはどんなものなのでしょうか?

チアシード(ブラックチアシード)は厳密にいうと、黒の粒ばかりではなく黒と白が混ざってます。

 

そして、その大半が黒です。

しかし、粒の色の違いによりその栄養価にも違いがあるということがわかり、チアシードの中から白のチアシードだけを選びだし、研究、改良を繰り返した結果、ホワイトチアシードができました。

 

 

ホワイトチアシードとブラックチアシードの比較 (1日摂取量15gあたり)

 

ホワイトチアシード、ブラックチアシードの栄養価

 

栄養価を見てみるとブラックチアシードのほうが多いものもあればホワイトチアシードが多いものもあり、どちらかが突出しているということはありません。

 

ですが、注目したいのはホワイトチアシードの方が多く含んでいる栄養素です。

体内で生成することができないオメガ3脂肪酸、不足しがちな食物繊維は、ホワイトチアシードの方が多く含んでいます。

 

ホワイトチアシードは膨張率がすごい

ブラックチアシードは水に浸すことで約10倍に膨らみます。

ホワイトチアシードは水に浸すことで、なんと14倍にも膨らみます

この膨張率の違いが1番の大きな違いです。

 

では、この膨張率が違うということで効果にどう違いがあるのでしょうか。

 

ダイエットにはホワイトチアシードがよい

ホワイトチアシードもブラックチアシードも、1日の摂取目安量は同じで、大さじ1杯程度

となると、膨張率が高く14倍にもなるホワイトチアシードのほうがダイエットには適しています

 

カロリーはホワイトチアシードの方が低いですし、14倍に膨らむことをふまえると、ダイエット目的で選ぶならホワイトチアシードの方が断然おすすめです。

 

スポンサーリンク

 

ダイエットに効果的なホワイトチアシードの食べ方

ホワイトチアシードとブラックチアシードに食べ方の違いはありません。

 

チアシードのレシピはこちらもどうぞ

お皿に入ったチアシードチアシードの食べ方、オススメのレシピ
今話題のチアシード。健康にも美容にもダイエットにも効果的なスーパーフード。食べてみたいけれど、どうやって取り入れればい...

 

1.水で膨張させて食べる

水に10分以上つけておくと膨らみ、粒の周りにはぷるぷるのグルコマンナンというゼリー状のものができます。

グルコマンナンは、食物繊維なので体内の余計なものを排出するのに役立ち、食欲抑制効果、糖やコレステロール値を下げる効果があります。

 

10分つけておいたものは歯ごたえのある食感に、1時間以上つけておくとぷるぷるの食感になります。

このように、つけておく時間の長さで柔らかさ、食感が変化しますのでお好みで調整してください。

 

水で膨らんだチアシード

 

水につけて膨張した状態で食べることが、ダイエット目的でチアシードを食べるには最大のポイントです。

 

そのままふりかけて食べることもできますが、そうすると、胃腸で水分を吸ってしまうため、便秘になる可能性があります。

特にホワイトチアシードの膨張率が高いということは、それだけ水を吸うということです。

つまり、そのまま食べて便秘になる危険もブラックチアシードより高いということですね。

 

グルコマンナンは食物繊維ですので水につけて食べることでその力を発揮し、デトックス効果便秘解消につながります。

ダイエット目的の場合は特に、水につけてふやかしてから食べるようにしましょう。

 

ただし、お湯につけるのはNGです。

オメガ3脂肪酸の一つであるαリノレン酸は40℃以上で有効成分を失ってしまうので注意が必要です。

 

2.飲み物や食べ物と一緒に

ブラックチアシードはその色が黒いため、そのままであっても水にひたしても見た目が気になる方も少なくはないでしょう。

 

それに比べてホワイトチアシードは、ブラックチアシードよりも色が主張しないため、飲み物や食べ物に混ぜても、見た目を損ねにくいです。

味や匂いはほぼありませんので、見た目も目立たないホワイトチアシードのほうが違和感なく食べることができます。

 

3.食前に食べて満腹中枢を働かせる

最もダイエットに効果的な方法は、食事の20分以上前に飲み物と一緒に水につけたホワイトチアシードを摂る方法です。

これによって食事を始めるころには満腹中枢が働きはじめていて、食事の量を控えめに抑えることが可能です。

 

1日の摂取量目安は大匙1杯(15g)

これが14倍に水で膨張するので、210gになります。

一度に摂るのが難しい場合は、数回に分けて食べてもOKです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ホワイトチアシードがダイエットに効果的なのは、14倍になる膨張率と食欲抑制効果のある食物繊維の豊富さなんですね。

満腹感を得られ食事の量を減らしつつ、栄養もしっかりとることができますので、体に無理がなく、ストレスも少なくて質のいいダイエットができます。

 

健康的に美しい体を目指しましょう。

 

 

関連記事

チアシードの食べ方、オススメのレシピ

フラックスシードとは? その驚きの効果と食べ方を紹介

ブラックシードが「死以外のあらゆる病を癒す薬」って本当?

グレープシードオイルの効能 アンチエイジングに効果アリ! 使い方、食べ方も紹介

 

sponsored link

コメント

down

コメントする




健康管理・体のこと

夫婦・家族

ライフハック